由緒・案内図
年間行事
御祈願・御祈祷
墓地・永代供養
トピックス
お問い合わせ
HOMEへ
吉祥寺-由緒
仁王利剣山 華厳院 吉祥寺
吉祥寺{きっしょうじ}は、文明6年(1474年)辛丑歳創建の古刹{こさつ}(由緒ある古い寺)で真言宗善通寺派の西の本山として知られています。その昔、弘法大師様が九州行脚の時、当地{ここ}の瀧場で仁王経を読まれ、御祈願された御遺跡{ごゆいせき}であるという事から仁王山と呼ばれています。本尊は、大日如来と言われていますが、両部の秘印を結印された四臂{しひ}(四本の腕)大日如来の胎内仏として安置される秘仏大日大聖不動明王を実の本尊としています。この胎内御本尊は、舒明天皇{じょめいてんのう}の玉体安穏を祈願した秘仏で12年に1度の丑の年御開帳され、さらにその年には、釈迦如来涅槃像の他、寺宝などを拝観する事もできます。この寺院の開山三十一世 (中興開山)である篠原龍善{しのはらりゅうぜん}上人は、荒行・難行・苦行を重ね、その霊力は他に類を見ませんでした。大寒の日、万人救済の為に霊峰九千部山{くせんぶさん}(福岡県と佐賀県を分ける背振山の東側に位置する。標高848m)で、21日間、さらに、大雪氷柱の垂れ下がる中、大宰府の宝満山{ほうまんざん}においても 21日間の断食行を修したのです。後に法燈を継いだ三十二世寛翠{かんすい}大和尚も百を超える親仏末寺を率いて宗祖大師御誕生の霊場・総本山善通寺 (香川県善通寺市)の大本山「吉祥寺」の興隆に尽力し、生き仏として万人に慕われました。現在は三十三世 寛明住職{かんみょうじゅうしょく}が”垣根のないお寺”を継承しています。昔からお慈悲の寺、人助けの寺と呼ばれています。吉祥寺は、しゃくなげ 寺としても有名で、4月の満開の頃には約1000本のしゃくなげが咲き誇り、多くの方がお花見を楽しまれています。また、大慈悲殿(本堂)地下の 御浄土巡り は、国内でも数少なく貴重なものです。
●しゃくなげ
石楠花。つつじ科の常緑低木。山地に自生し、4〜5月頃薄赤色の花を開く
<ひとこと>
吉祥寺では、毎年多くの花を楽しんで頂く為、咲き終わった花を一つずつ手摘みしていきます。しゃくなげも終わりに近づいた頃、お寺のみなが急斜面をよじ登って花を摘む姿を見掛けるかも・・・。
●御浄土巡り
御浄土巡りは、大慈悲殿(本堂)の地下を一周して、御大師様、釈迦如来、御法蔵様に御宿縁を戴く道です。この道場は、印度釈迦如来様天竺八塔の土砂をもって造られています。両側の壁には、金剛界、胎蔵界の曼茶羅の梵字が書かれてあり、足元に四国八十八ヶ所のお砂が敷き詰められて、諸佛の中を歩く極楽浄土の道すがらになっています。中は、真っ暗闇で一寸先も見えません。暗黒の世界に私達の身体を投入して静かに人間性を反省し、今まで知らず識らずの間に作り重ねた罪障を取り除き、現世安穏後生浄土の利益を受けましょう。道場内では、左手を延ばし、左側の壁を伝って、一心に唱えな がら御参り下さい。
吉祥寺-案内図
1.大師堂 2.馬頭観音 3.奥の院 4.五十四番瀧
5.御法蔵倉 6.開山和尚の墓 7.亀の甲池 8.大慈悲殿(本堂)
9.客殿 10.梵鐘 11.四十九番岩屋 12.地蔵堂
13.石楠花 14.水子地蔵尊 15.馬頭観音堂 16.護摩堂
17.親鸞堂 18.如意輪堂(下) 19.生日八幡様 20.淡島様
21.如意輪堂(上) 22.五社稲荷大明神 23.仁恩之瀧 24.弁財天堂
25.大師堂 26.開山堂 27.釈迦堂 28.恵比須堂
29.毘沙門堂 30.薬師堂 31.ペット供養塔 32.千手観音堂
33.車払い所 34.明治神宮 35.大師堂 36.曼荼羅霊場
37.波切不動尊      
吉祥寺-アクセスマップ
TOPへ
〒841-0203 佐賀県三養基郡基山町大字園部1167番地 TEL:0942-92-2128 FAX:0942-92-3879
Copyright (C)2004 大本山 吉祥寺 All rights reserved.